読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わかってはいるけれど、やっぱり。

週の初めなのにすでに疲れている。

困りましたわ。

 
わたしは人に伝えることがとても苦手。
特に、拒絶されたらどうしよう…と
思いながら話しているときはダメ。
 
忙しいのに、あなた、
わたしなんかの話を聞いてもらって
申し訳ないです、迷惑だから、
早く切り上げないと!
と思って話すから
余計にわかりにくくなる(涙)。
 
そして、結果は
やっぱりダメだった。
 
ここにも、思い込みが満載だね。
わかってはいるけれど…。
 

f:id:itsutoiku:20170123204240j:plain

前のめりオーケー!

見切り発車族に所属しています。

 
好きなことになると、
ついつい前のめりに。
後で、大丈夫だったかな?と不安になる。
 
でも、大丈夫。
自分が楽しいときは、相手も楽しいらしい。
ほんまかいな?と若干の不安を残しつつ、
今日も歩いてゆくのだ。
 
今日は、お気に入りの場所に行ってきました。
もちろん、猫たちがいるところ。
猫と遊んで、スタッフとしゃべって、
エネルギーチャージ!
 
詳細を詰めてないのに
人生のプロジェクトが動いていく、
しかも、欲しいモノが手に入る形で、
そして、もうやるしかないところまで来る。
それが、変わるということかしら?
 
明日からまたがんばりまする。
 

f:id:itsutoiku:20170122212603j:plain

憧れの人にはホントの自分が隠れてる

思い込みですれ違い。

 
長年、自分は暗い人間だと思っていました。
暗い、ダサい、話しかけずらい、
引っ込み思案、つまらない、
こんなわたしは嫌われるのがあたりまえ、
だから好かれるようにがんばらないと。
 
こんな思い込みがあったので、
努めて明るくふるまったり、
自分のダメな部分を一生懸命隠したり、
そりゃもう必死で、人と接していました。
 
なんでこんなに、生きるのは大変なの?
人と一緒にいるのはホントに疲れる、
早くひとりになりたいよ〜(涙)。
 
実は、すべてが勘違いだった。
わたしは、暗い人ではなかったのです。
ホントは明るくておしゃべりが大好きなのだ。
それを受け入れたら、人間関係が変わった。
 
わたしには高嶺の花だと思っていた人が
ホントはいちばん合う人だった。
 
憧れていた人に「かわいいね」と
言われるようなわたしになれるなんて、
思いもよらなかった。
 
それがホントのあなたなのです。
どうやらわたしは人をひきつけるらしい。
これが最近の合言葉♡。

f:id:itsutoiku:20170121212726j:plain

キミの力になりたいよ

力になってあげたい人がいます。

 
同期入社の同僚。
彼は、職場の人間関係に悩みやつれてきました。
「大丈夫?」と聞くと、
「大丈夫じゃない」と返ってきました。
そりゃ見ればわかるよ〜。
 
でも、
キミがホントに悩んでいるのは、
人間関係ではないでしょ?と言いたいわたし。
 
「俺、何やってるんだろなぁ⤵︎」
「周りの人が輝いて見えるんだよ⤵︎」
 
この言葉の中に…
キミの悩みはあるんじゃないかい?
 
夢をあきらめて、今の仕事を選んだ、
キミの人生、
このままでは嫌だ!と強く思い始めた。
 
そんなキミに、
会社を辞めて夢を追いかけてもいいんだよ
と言いたいけれど、
今は言えない。
 
でも、伝えられるときが必ず来る。
もう少し待っててね☆。

f:id:itsutoiku:20170120220308j:plain

あたりまえの奇跡

待っていればやってくるのだ!

ということを信じられるようになりました。
 
ある日のこと。
 
出張で初めての場所に行きました。
目的地までの道のり、
「ちょっとわからないから一緒に行って☆」
A君にお願いすると快くOKしてくれました。
 
でも、他の人との兼ね合いでダメになり⤵︎
結局ひとりで行くことに。
 
なんとか無事に目的地に着いた頃、
なんと!A君が心配して電話をくれた♡。
少し遅れてA君も来ることになってたので…。
 
実はここからがわたしのわかれ道。
 
前のわたしなら、
電話をくれたA君に、すかさずっ!
「着いたら一緒に行動しよう」と頼むのだっ。
 
今のわたしは、
いまがんばって頼まなくても、大丈夫〜。
ご縁があれば、彼は着いたら声をかけてくれる、
思うだけで何もしない。
 
実は、なんとなくどこかで、絶対大丈夫、
という確信を持っているのが不思議。
 
結果は?
ちゃーんと、着いたら声をかけてくれた。
いる場所を細かく伝えなくても、探してくれた。
わたしを、ちゃーんと見つけてくれる。
 
がんばらないこと、
A君と自分を信じること、
この2つがひきよせた結果です。
 
これを奇跡と呼ぶのでしょうか?
いいえ、あたりまえ、と思いたい今日この頃。
 

f:id:itsutoiku:20170119221118j:plain

生きる喜びを探しています

「怖い」という気持ちと闘っていました。

明日の仕事のこと、来週の予定、
上司からの評価、家族の顔色、
そして会ったこともない世間の人々の目、
こんなことを気にしてビクビクする日々。
必要のない言い訳ばかり考えていました。
 
ところで!
わたしの特技は、
人の顔色を伺って気配を消すこと。
こんなわたし、生きてる意味があるのかな、と
ずーっとずーっと思っていました。
 
そんなときに思いついた名案!
こんな価値のないわたしだから、
せめて人様のお役に立てることをしよう!
 
自己犠牲に犠牲を重ね、他人の笑顔に救われる、
ますます顔色を伺うようになりました。
けっこう生きてる感じは味わえたけど…。
 
こんな生き方を一生続けるには人生は長すぎる。
とにとうとう気づいてしまいました。
 
あーどーしよー。
悩む日々は続くのです。
 

f:id:itsutoiku:20170119220903j:plain

変わってもよい

2017年が始まり、早いもので2週間が経ちました。
今年1年は、会社を辞める準備の1年と決めました。

今の会社に入社してから約6年、最初はこの仕事が最後と思っていました。
すごーく居心地がよかったから。

でも、違った。
少しずつ、会社に合わなくなってきた自分に気づき始めました。

それは、ダメなことじゃなくて、むしろいいこと!
わたしらしさを取り戻すことができたから。
ここまで来るのに、いろいろありました。

生きるのも悪くないよ。

f:id:itsutoiku:20170115192304j:plain