読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫のための部屋探し

猫を飼うために引越を考えています。

今の住まいはペットNGなので。

 

こだわりは南向きで日当たりがよいこと。

猫が日向ぼっことバードウォッチングができるように。

 

ネットでいい感じのところを見つけて、不動産屋に行きました。

 

3階の南向きで日当たりがよくて、

駅からの距離もまあOK,

家賃はちょっと高いけれど払える額。

その日に申し込みをして帰ったのが1月の下旬でした。

 

しかーし、

実はすでに申し込みをしていた人がいてダメになってしまいましたハッ

いやっちょっと、申し込みをしたときに大丈夫って確認してたよねハッ

 

あぁ、不動産業界恐ろしや。

というわけで、もう一度ゼロから部屋探し。

 

なかなかよいところが見つからず、2月も下旬。

駅から少し遠いし、ちょっと狭いけれど、まぁいいかぁ~

というところに問い合わせたちょうどそのとき!

はじめに申し込んだ物件の別の部屋の空きが出るとのことグリーンハーツ

 

前と同じ3階で、前より窓の外に障害物がないので、さらに開放的グリーンハーツ

そして1ヶ月フリーレントなのだキラキラ

 

引越のタイミングは予定より少し遅いけれど、

いちばんお気に入りの部屋に住めることになりましたグリーンハーツ

f:id:itsutoiku:20170313200403j:plain

とこやのつぶやき(その2)

いよいよ Xday の前日。

別の同僚とその日の人の配置を確認していたところ、

わたしのスパイの仕事がなくなっているぞ?????

 

わたしは上司に確認。

「あーごめん、状況が変わったんだ」

結論から言うと、BさんとCさんが、いろいろ気を遣ってくれて、

XdayにAさんが言わないように、手を打ってくれたとのこと。

 

いやぁ、ここからさらに恐ろしき第2幕。

愚痴。愚痴です。

 

上司によると2人があまりにもAさんのことを心配しているから、

なんか不自然に感じてしまったらしく。

 

「本当は、クビになるAさんが2人のことも巻き込んで

お客様にいろいろ話してしまい、それが上に伝わるのを防ぐために

画策してるんじゃないかと思っちゃうんだよねー」

 

聞いた瞬間、なんかみんな頭いいなぁと思ったのです。

同時に、誰を信じたらよいのか、もうわからんわぁと頭を抱えました。

 

ポジティブに考えるならば、

上司にいちばん信頼されているのは、わたし、ということ。

 

そういうことにしておこう。

f:id:itsutoiku:20170313200156j:plain

とこやの叫び?(part1)

年度末には別れがつきものでしょうか。

我が部署にも、今年度で退職される方がいます。

今回の退職は事実上のクビ、

人が人を動かすという、なんともいえぬ後味の悪さを感じた一件でした。

 

あぁぁああ、愚痴。愚痴です。

『王様の耳はロバの耳』というお話がありますね。

王様の耳がロバの耳の形をしているという

秘密を知ってしまった街の床屋は、どうしても黙っていられず、

穴を掘ってそこに向かって叫びました。

わたしも、そんな心境よ。

 

クビになるAさんが、お客様に伝えるタイミングを考えていました。

Aさんは同僚のBさん、Cさんにその日を伝えました。

わたしにも、Cさんからその日が伝えられました。

わたしは、誰かに言う気にもなれず、心にしまっておきました。

 

ある日突然、上司(この人だけ男)から電話がありました。

「Aさんが、○日にお客様に辞めることを言うそうだが、知っているか?」

聞かれたわたしは、「あぁ、チラッと聞きましたねぇ」と。

 

「僕は、BさんとCさんから報告を受けたんだけど、2人が言うには、

『Aさんがお客様に何を言うかわからないから心配だ』と言うんだ」

Aさんに会社にとって不都合なことを言われるのは困ると思った上司は、

わたしに、

「その日にAさんと一緒にいて、何を言ったのかあとで報告してほしい」と。

わたしはスパイみたいなことをするのはイヤだから、

BさんかCさんにお願いできないのかと交渉したのだが、

わけのわからぬ理由で却下され、スパイわたしが誕生。

 

その日は他に大事なことがある日なのにー(怒)。

 

いちばんムカついたのは、BとCです。

わたしから見たら、寝返るような態度。

それをサラッとやってのけるキミたちはスゴイヨ。

むしろ不気味です。

(つづく)

f:id:itsutoiku:20170304155040j:plain

言葉にできない気持ち

久しぶりにムカついています。

 
何に腹が立っているのかはわかるけれど、
うまく言葉にならない。
どんな言葉にしてもスッキリしない。
 
嘘のない人間関係はありますか?
 
本当の人間関係は、夢を語れる関係?
それとも、嫌なことも話せる関係?
どちらもかな?
 
一歩踏み込めば踏み込むほど、
うまくいかないことが増える気がします。

すべてどーでもいいかもしれない

ずっと

じぶんの気持ちを抑えて生きてきたので
じぶんの気持ちがわかりませんでした。
 
頭で考えるんじゃなくて、
心だよ心、心で感じるの!
と言われてもわからない。
だって、やったことなかったから。
 
心理学を知ってから、
徐々に感じる感覚が、
わかるようになりました。
すると、今度は我慢ができなくなった。
好きなものが欲しい、思いを伝えたい。
そう、こだわりが強くなったのかも。
 
そして、とうとう、
すべてはじふんのココロ次第
と気づいてしまったのです。
 
それからは、
なんか、もう、どうでもいいかな、
と思うことが増えた。
 
だって、じぶんの気持ちで
価値観は変えられるから。
 
よい、わるい、正しい、間違っている、
これらを基準に判断するのが
意味ないなぁと思うのだ。
 
すべて受け入れるのが、
楽に生きる秘訣でしょうか。
 

f:id:itsutoiku:20170213205405j:plain

また、調子に乗ってしまった

また、調子に乗ってしまった。。。
 
みんなに好かれることはない、
そのままの自分でいい、
わかっているのだよ。
 
でも、調子に乗ってしまった、
あぁ、穴があったら入りたい、
なんであの人みたいに、
スマートに振る舞えないのかしら。
 
泣きたくなるよ。
 
他人はさほど気にしてない、
わかっているのだよ。
 

f:id:itsutoiku:20170211234849j:plain

あなたは何語でしゃべりますか

さっき何語で喋っていたかしら?

なんて思ったことありますか?
 
何語ってもちろん日本語です!
というわけではなくて、
「タメ語」か「敬語」かということです。
 
実はわたし、相手との会話で
「タメ語」にするタイミングをつかむのが、
大の苦手なのです。
 
だから、
永遠に敬語なんていうのがいつものこと。
 
たまに、
相手が「タメ語」で話してくれて、
嬉しくて、わたしも!ってそうすると、
すぐに相手が「敬語」に戻ることがある。
すみません、馴れ馴れしかったね〜
と心の中で落ち込みながら、
わたしの永遠の敬語は作られてゆく。
 
しかし、先日のこと、
「敬語」から「タメ語」に成功!
 
わたしの反応に関係なく
どんどん「タメ語」で話してくれる
人に出会ったのです。
もう、超、嬉かったのですよ、わたし♡。
 
そして、ついさっきのこと。
「タメ語」のタイミングをねらっていた人に
無意識に「タメ語」で話してた。
 
ひとつひとつの言葉を吟味して、
一喜一憂して、慇懃無礼になるよりも、
そのときの雰囲気でなんとなくしゃべる、
そんな心地よさを感じました。
 

f:id:itsutoiku:20170211234416j:plain